こんにちはヽ( ̄▽ ̄)ノ
最幸についてる強運氣體師motoです!
『病気になったら白米は食べるな』
このお話はスピリチュアル・言霊・整体好き向けです。
心臓病を頂き、食事ができない期間がありました。食べては駄目ではないんです。喉を通らないんです。
お医者さんから、食事は大丈夫と言われていても、自分の体がうけつけないんです。
特に白米が駄目でした。食べた瞬間吐き気に襲われて食事が止まりました。
これは入院始めの話です。2週間ほど続いた後に、麺に切り替えて食事をしていました。
今ならわかりますが、が生き残るために食事に回すエネルギーを止めて、心臓病を始め血液再生のためのエネルギーに回していたんです。
白米を食べ続けると、脚気(かっけ)という栄養失調状態になります。日露戦争で日本陸軍が陥った病です。食べるなら玄米ですね。日本海軍は玄米を採用したことで脚気にはならなかったそうです。
白米に栄養がない?
残念ながら白米は他の食べ物と一緒に食べる必要があります。白米だけの食事は続きません。
白米は分解すると糖だけになるため、糖尿病等の原因になるという説もあります。全く食べないでとは言えませんが、食事をより美味しくするものと考えた方が良いようです。
病気になると体内の大掃除が始まります。免疫細胞が病気の原因を食べまくるんです。
免疫細胞を助けるには食べないこと。
食べるという仕事は体に相当の負担をかけます。人は2、3日食べないだけでは死にません。
本当は定期的に食べない時間をつくり、体の掃除の時間をつくると病気になりにくくなります。免疫細胞の訓練にもなります。
白米が悪いわけではありませんが、病気のときは食べないという選択もあると心に余裕が生まれます。
美しのくぼさ様。読んでいただきお喜び様です。
絶対なる肯定・絶対なる積極・いつでもどこでも命がけ。
いつも見ていただくあなたにありがとう。
        オハナ代表 強運氣體師moto
心臓病を力にする氣體師motoのお店
福岡県久留米市国分町1944-4
tel 0942213388  営業時間10時~25時☆
☆YouTube更新中☆
☆ご相談はLINE@☆