皆さんこんにちはヽ( ̄▽ ̄)ノ

最幸についてる強運氣體師motoです!

『恐慌とある松下』

このお話はスピリチュアル(言霊)好き向けです。

1918年松下電器創業。1920年に世界恐慌。1929年に昭和恐慌が起きます。

病床にあった松下幸之助さんのもとに、2人の幹部が訪ねてきます。

「この危機を乗りきるためには従業員を半減するしかありません」

報告を聞き終えた幸之助は、しばらく沈思してから口を開いた。

「なあ、わしはこう思う。松下がきょう終わるんであれば、君らのいうてくれるとおり従業員を解雇してもいい。けれども、わしは将来松下電器をさらに大きくしようと思っている」

「だから、1人も解雇したらあかん。会社の都合で人を採用したり、解雇したりでは、働く者も不安を覚えるだろう。大を成そうとする松下としてはそれは耐えられないことだ。みんなの力で立て直そう」

そして具体的な方法を示しました。

・生産を半減して、工場を半日勤務。
・従業員の給料は全額支給、休日返上。
・在庫品の販売に全力をあげる。

この決断により、従業員は奮い立ち、社内に垂れ込めていた暗雲は瞬時にふきとんだ。

「さすがはおやじさんだ。みんなで力を合わせてがんばろう」

この2ヶ月後に、半日勤務から再びフル勤務に戻ったそうです。

松下幸之助さんから学ぶことは、肚(はら)を決めること。任せることです。

コロナウイルスにより、不安と恐怖が世界を覆うなか「大丈夫だ何とかなる」と、肚を決める人が増えていきます。

肚を決めた人が増えると、本当に大丈夫になるから不思議です。

美しのくぼさ様。読んでいただきお喜び様です。
絶対なる肯定・絶対なる積極・いつでもどこでも命がけ。
いつも見ていただくあなたにありがとう。

オハナ代表 強運氣體師moto

心臓病を力にする氣體師motoのお店
https://ohana-ha.com
福岡県久留米市国分町1944-4
tel 0942213388  営業時間10時~25時☆

☆ブログを動画でしゃべる☆
https://www.youtube.com/playlist?list=PLbCMLqdFedsEyFhU2_CgWhPsvbQ_ZnzaD
☆ご予約・ご相談☆
http://line.me/ti/p/%40yjl6394l