皆さんこんにちはヽ( ̄▽ ̄)ノ

最幸についてる強運氣體師motoです!

『義務教育とある目的』

岡田斗司夫さんのゼミで面白い学びを得れました。

義務教育がなぜ生まれたかです。ゼミの中身は人が尊敬する立場の話だったのですが面白いです。

産業革命が起きたイギリスでは、教育は農家の両親が教えていました。

各家庭で教えていたため独自の見解が強かったのです。個性が豊かだったんですね。

しかし、時代は大量生産時代で工場勤務の人材を求めていました。そこでは個性が出されるとまとまらなくなります。

個性ではなく集団で動く人材が必要です。

そのためにあらかじめ集団心理を教える機関が求められました。義務教育という名の工場勤務予備軍です。

子供のうちから教えていけば洗脳は早いです。こうして時代が求める大量生産に国として追いついていたんです。

ここで子供たちの尊敬する人が、親から先生へと変わっていきます。

今の時代はカリスマと呼ばれる、お金と人望を集める人に尊敬が移っています。

ゼミを聞きながらまさに日本もそうだなと思います。

個性が大事と言いながら、集団を育てる義務教育が残ります。

学校では時として、いじめや自殺も待ち構えています。

うちは義務教育から家庭教育を優先するよ。

子供の命を守るために選択権があっても良いと僕は考えます。

大量生産はいらない。命を豊かに明るくする生き方を教えていく學びが大事です。

美しのくぼさ様。読んでいただきお喜び様です。
絶対なる肯定・絶対なる積極・いつでもどこでも命がけ。
いつも見ていただくあなたにありがとう。

        氣體師moto

心臓病を力にする氣體師motoのお店
https://ohana-ha.com
福岡県久留米市国分町1944-4
tel 0942213388  営業時間10時~25時☆

☆ブログを動画でしゃべる☆
https://www.youtube.com/playlist?list=PLbCMLqdFedsEyFhU2_CgWhPsvbQ_ZnzaD
☆ご予約・ご相談☆
http://line.me/ti/p/%40yjl6394l